MENU

梅雨でもサラサラの髪の毛を作ろう!縮毛矯正とストパーの違いとは?


髪に強い癖が付いてしまっている方や天然パーマの方などは朝しっかりヘアドライヤーやアイロンを使用してセットしても、雨に濡れてしまった時や梅雨など湿度が高い季節になると時間が経つにつれて髪のうねりが出やすくなってしまい、ヘアケアに悩んでいる方は少なくありません。

ヘアアイロンの毎日の使用は髪へのダメージ


特に高温で髪をまっすぐにしたりカールさせることが出来るヘアアイロンは髪の潤いを奪ってしまい、キューティクルのダメージの原因となったりパサつきが起こりやすくなるなど、毎日使用することで髪質のコンディションがどんどん悪化してしまう恐れがあるため、出来るだけ高い頻度で使用するのは避けることが大切だと言われています。が、最近では傷まないヘアアイロンのヘアビューロンが発売されており、高額(ヘアビューロン 最安値)ではありますが髪の痛みが気になる人は試す価値は高いのでチェックしてみてほしいです|´З`●)

じゃあどうするの?縮毛矯正でしょ!?

そこで癖の強い髪質でもいつでもまっすぐ綺麗な状態で保つ方法として、ヘアサロンなどの美容専門施設で縮毛矯正の施術を受ける女性が増えてきています。
縮毛矯正とはその名の通り縮んでしまっている髪質を薬剤で整え、上からアイロンでしっかりのばす事によって、本来の真っ直ぐの髪質の状態に整えることが出来る効果があり、一度縮毛矯正の施術を行ってしまえば長期間綺麗な状態を保つことが出来るとして多くの方に利用されています。

ストレートパーマと縮毛矯正の違いは?

ただ今までこの施術を受けた経験の無い方などは、他のヘアサロンなどでうけることが出来るストパーと縮毛矯正の違いがわからないという方も多いため、どちらの施術を受ければ良いのか判断することが出来ないという方が増えて来ています。

「矯正」か「パーマ」の違い

一見この2つの施術は同じ物と勘違いされやすいですが、大きな違いとしてあげられるのはストパーは癖毛を矯正してまっすぐにさせるものではなく、パーマなどをかけている髪質をストレートに戻す方法となりますので、通常の髪質に使用すると強いダメージを与えてしまう恐れがありますので注意があります。

使用する薬剤が違う

2つは施術に使用する薬剤が異なり、ストパーはアイロンなどを利用して髪質を真っ直ぐにするのではなく、全て薬剤だけで髪質をまっすぐに仕上げるのでどうしても強い薬剤を利用する必要があり、髪質のデリケートな方や元々ダメージを受けていた髪質の方はどうしてもケアを受けた後抜け毛や切れ毛が起こる可能性があります。

髪のコンディションを整えてからの施術がおすすめ


そのため髪質のコンディションを整えてからケアを受けたり、髪に比較的負担が少ないとされている縮毛矯正に切り替えることで綺麗な髪質を手に入れることができます。
美容サロンによって施術方法や費用は異なりますので事前によくチェックすることが大切です。